1万時間の法則①

 

『1万時間の法則』なるものをご存知ですか?

 

どんな分野でも、1万時間努力したならば、

人並み以上のレベルには到達する、という法則です。

これは、スポーツにおいても、芸能においても、

無論勉学においても有効です。

※スポーツや芸能の場合、それでプロになって飯を食っていけるかは別問題です。

運という要素も大きくかかわりますので。

 

今回は、その1万時間の法則について、

ホリエモンこと、堀江貴文さんがされていたお話を紹介いたします。

 

堀江貴文「僕を含め、世の中の99%は凡人だ」

https://toyokeizai.net/articles/-/252682

 

前書きとして紹介した1万時間の法則。

この努力によって、100人に1人の能力を得られる、と言われています。

 

もちろん、この能力だけで、世の中で食っていくのは難しいです。

『一芸に秀でている』とはいっても、所詮はアマチュア。

10000人に1人の人間でなくては、『プロ』として飯は食えません。

(スポーツ・芸能においては、競技人口にもよりますが)

 

では。

さらにもう一つ、1万時間の努力によって、100人に1人の能力を得たならば?

 

 100人に1人の勉学の能力 × 100人に1人のスポーツの能力

=10000人に1人の人材

 

となります。

 

単純明快です。

1万時間キッチリ努力する。

これをやって、能力を1つ2つと増やしていけば。

特別な才能がなくとも、唯一無二の人材になれるのです。

 

ホリエモンこと堀江社長は、

このようにして世界有数の実業家になった、ということですね。

 

 

平成時代が終わり、いよいよ迎える、新時代。

『多様なスキルを発揮してこそ一流』という風潮が強まっていきます。

 

お国も、「将来に備えて副業バンバンやっちゃって下さいよ!」

とか言っちゃってるわけですから。

一つの能力で食っていける時代は、もう終焉を迎えつつあるのです。

 

※もちろん、一芸に特化した『職人』という人たちも需要が生まれるでしょう。

そこまで自分の才を昇華できれば、ですが。

 

 

小学生・中学生・高校生諸君。

まずは、勉強で100人に1人になろう。

学年トップを目指そう。

 

もし小中高の間にトップになれなかったとしても。

大学生・社会人になっても同じ努力を続けていけば。

必ず、あなたたちは活躍できる人間になります。

これだけは、保証できます。

それほどに、今の日本の大学生・大人は努力をしませんから。笑

努力するだけで、あなたは勝てる。

100人に1人に、あっという間になれますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です