1万時間の法則②

先日のお話の続き。

1万時間の法則①

 

 

今回は、一万時間という努力が、中学校生活において

どれくらいの時間を要するのか、という現実的なお話。

 

単純計算。

 

中学校は3年間。

10000 ÷ 3年   = 1年あたり3333時間

3333  ÷ 365日 = 1日当たり9時間

 

中学生の間だけで100人に1人になるためには、1日9時間。

これだけの勉強が必要になります。

この時間の中に、学校の授業は含まれないと考えます。

だって、他人より努力して学校の授業を受けてる中学生、いないでしょ?

ノーカウントです。

 

と、なると。

これだけの勉強時間の確保は、なかなか難しい。

寝る間を惜しんで勉強に勤しんで、やっと達成できるか否か。

(寝ずに勉強などという愚かなこと、推奨しませんが。)

部活動をしているとなると、ほぼ達成不可能です。

 

ん、じゃあ中学校で10000時間は無理じゃね?

そう思われたあなた。

はい、その通りです。

あまつさえ中1から自分の自由時間をほぼ注ぎ込んで、これです。

加えて、中3の部活引退後の時間で何とかしようと思ったら、

それこそ人の何倍もの努力をしないといけません。

よって、中3夏から本気を出す受験の可能性は、無限大ではありません。残念ながら。

※それでもその無茶に付き合うのが塾のお仕事ですがね。

分の悪い勝負は嫌いじゃありません。

 

よって。

人よりも1時間でも多く勉強するか。

人よりも1問でも多く問題を解くか。

これを中1から考えながらやっていけるか、なのですよ。

 

何も、全てを犠牲にしろということではありません。

自分にできる範囲で、努力することです。

自分を甘やかさず、やることです。

そうすれば、3年生になってから回ってくるツケが、

少しでも減ってくれますからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です