成功する人間は…4% その1

旧ブログで反響のあった記事をリバイバル。

 

 

先日、こんなお話を耳にしました。

 

 

 100人の子どもに、「漢字練習をしましょう」と言いました。

 このうち、何人が漢字練習を始めるでしょう?

 そんなの分からない…と思うでしょう。

 しかし、大体どれくらいの数字か、決まっています。

 答えは、20人です。

 残りの80人は、何もしません。

 このように、何かをしようと呼びかけたとき、

 生産的な行動をとる人間の割合は約20%である。

 という法則を、パレートの法則(20対80の法則)といいます。

 

 

なるほど。

 

目の前に成長のチャンスが巡ってきたとき、

行動を起こすことができる人間は、たったの20%。

1学年200人程度の学校であれば、

約40~50人ということでしょうか。

さらに話は続きます。

 

では、漢字練習を始めた20人のうち、

1年後も漢字練習を続けている人間は何人でしょう?

これも、大体見当がつきます。

4人です。

 

行動を始めたのち、それを継続できる人間は20%。

つまり、最初に呼びかけた100人のうち、4人。

この4%の人間が、成功を収めることができる人間になります。

 

1学年200人程度のうち、約8~10人。

この一握りが、学業において成功を収めることができる、

ということですね。

 

みなさんはこの数字について、どう考えますか?

しばらく考えてみてください。

 

次回に続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です