成功する人間は…4% その2

さて、4%のお話。

 

石川県の中学生人口と泉丘高校入学者に当てはめてみましょう。

 

石川県の中学3年生の人口・・・約11000人

金沢市の中学3年生の人口・・・約4000人

泉丘高校普通科の定員・・・360人

泉丘高校理数科の定員・・・40人

 

 

こうやってみると、やはり

 

泉丘高校に合格できるのは、石川県の中学生の約4%

 

ということになりますね。

 

理数科ともなれば0.4%になります。

(もちろん、附属や小松などの泉丘と同レベルの高校を合わせると

10%ほどに増えることになります。)

 

この4%の人間になるのは、どうすればいいのでしょう?

神に選ばれなければいけないのでしょうか?

運でしょうか?才能でしょうか?

 

 

いいえ、違います。

 

努力を継続すること。

 

こと勉学、および世の中の大半のことにおいては、

その一言につきます。

 

なぜならば、8割の人間は努力を始められず、

努力を始めた人間のうち8割は努力を継続できないのですから。

 

 

努力を継続することができれば、

96%の人間は周りから勝手にいなくなっています。

 

鉄棒ぶら下がりゲーム、やったことありますか?

最後まで鉄棒にぶらさがっていた人の勝ち。

要はあれです。

 

ただし。

 

努力を続けるには、覚悟が必要です。

周りの人間が脱落しても、自分は決して辞めない。

むしろ周りが脱落してくれるからこそ、自分は輝く。

 

決して辞めない覚悟。

それが、4%の人間になる資格です。

 

今、夢盟塾にいる人。

この4%になりましょう。

 

これから夢盟塾に入ろうとする人。

 

4%の方はいつでもウェルカム。

一緒に励みましょう。

 

そうでない方。

まず20%の人間になりましょう。

 

80%の人間ならば、残念ながら、おさらばです。

 

 

これを読んだ人が

20%になり、ゆくゆくは4%になってくれることを願います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です