何が起こるか分からない

兼六中の生徒から中間テストの報告を受けていると、

こんな話がありました。

 

「英語のリスニングのとき、給食のエレベーターが丁度動いてて、

うちのクラスだけうまく聞き取れなかったんですよ~!」

 

そりゃ、災難。

 

ですが。

人生にハプニングはつきもの。

入試にもハプニングはつきもの、です。

 

入試当日。

風邪をひくかもしれない。

隣の人が咳込んでるかもしれない。

隣の貧乏ゆすりが激しいかもしれない。

雷が鳴る中でのリスニングになるかもしれない。

(これは私の高校時代のセンター試験のときの実話です。)

 

何が起こるか分からない。

それが、一発勝負の怖いところです。

 

大事なのは、そのハプニングに心を乱されずに集中できるか。

その不運を引きずらず、次に切り替えていけるか、です。

 

何も起こらないことを願うのも大事ですが。

多少のことは、起こるものだと思っておくこと。

模試起こったとしても、心乱されずにベストを尽くすこと、ですね。

 

…何だか最近受験の心得ばっかりしゃべってるなぁ。笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です