ヒストグラムから見る兼六中学校の現状 ~中1編~

こちらのシリーズ最終章です。

ヒストグラムから見る兼六中学校の現状 ~中3編~

ヒストグラムから見る兼六中学校の現状 ~中2編~

 

 

さて、問題の、中1編です。

まずは、ヒストグラムから。

 

 

 

 

 

平均点は、310点。

これが最頻値になるのは分かるのですが、

そこから上の獲得者が急に減少するのが見られます。

そして、400点以上の獲得者が、少ない。

2学期中間テストという時期にしては、

あまりにも、少ない。少なすぎる。

 

ここからはじき出される結論。

1年生、もっと頑張らんといかんですよ!!!

です。

 

まだ中学生になって半年。

もっと先を見据えろ、などとは言いません。

ですが、周りが頑張るかどうかに合わせて3年間やっていくと、

上位校を目指すことは困難になるでしょう。

 

みんなと同じくらい頑張ろう、では、ダメ。

おれは、私は、やってやる!!

そう心に決めて、周りに差をつけるつもりでやる。

この学年の中で成り上がっていくには、

そんなハングリー精神・野心が必要になりそうですね。

 

まぁ、まだまだこれからの学年ではありますので、

この先どうなるか、引き続き注目していきます。

 

 

そして。

今の学力がどうであれ。

 

「しんどくても、たくさんやって、成績上げたい!!」

そんな強い気持ちを持っている子。

是非、夢盟塾へ。

 

こんだけやったら、絶対成績上がる!

そう思えるほど、たくさん勉強させてあげますよ。

 

※楽に成績上げたい子は、お引き取り願います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です