ヒストグラムから見る兼六中学校の現状 ~中2編~

こちらの続きです。

ヒストグラムから見る兼六中学校の現状 ~中3編~

 

 

では今度は2年生を見ていきましょう。

5科平均のヒストグラムはこちら。

 

 

 

 

 

平均点は全学年でもっとも低い304点。

今回は2年生のテストが比較的難しかったと感じました。

ですが、平均点以上の範囲に大きな塊があります。

よって、上位校(桜丘以上)を目指して

頑張ろうとしている人は多い、という印象です。

学校の中で切磋琢磨欲しいですね。

 

ですが、教科ごとに見ると…

 

 

 

 

 

 

 

 

英語や数学はできる人、普通の人、できる人が均一に分かれつつあります。

できない人が増え続けていますね、これは。

上位校を目指す人は自分が入る範囲を

どれだけ右側に移動できるか、

常に意識して欲しいです。

 

 

以上、2年生編。

次回、問題(!?)の

ヒストグラムから見る兼六中学校の現状 ~中1編~

です。つづく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です