気高く 飢える

先日の塾長ブログ。

正直でいろ 真っ直ぐであれ

 

 

この記事を読んでいて、

私の好きな漫画 『ジョジョの奇妙な冒険』の

あるワンシーンが思い浮かんだ。

 

「飢えなきゃ」勝てない

ただしあんなDioなんかより、

ずっとずっともっと気高く「飢え」なくては!

 

 

 

 

 

 

 

 

第7部スティールボール・ラン 第7巻より引用

 

主人公のジョニィ・ジョースターとジャイロ・ツェペリ。

ライバルであるDioに敗北を喫したのちに、

ジョニィはジャイロにこの台詞を放った。

 

「飢える」ことは、結果を希求することであるが、

「ただ飢えている人間」は、その過程を気にしない。

勉強で言えば、テストでいい点取って自慢したいが、

そのための努力をする気にはならない。

ゲームで言えば、攻略法や裏技などをすぐに知りたがる。

そんな人間である。

 

「気高く飢える人間」は、

過程に重きを置き、結果を出すために自分の手で努力し、

勝利を掴み取ろうとする人間。

勉強で言えば、とにかく問題をたくさん解く。

分からないところをなくすために、マメに調べたり、質問したりする。

ゲームで言えば、自分で攻略法を見つけて、極める。

そんな人間である。

 

夢盟塾で頑張る生徒には、気高く飢えて欲しい。

単純に高得点がとれるかどうかではなく、その過程。

高得点を取るために、労を惜しまずに努力してほしい。

 

それがきっと、結果を出し、周りに差をつけるための、

一番大事な根っこになるのでは、ないだろうか。

 

生徒も、そして自分自身も。

『気高く飢え』て、日々を過ごそう。

 

※『ジョジョの奇妙な冒険』は全巻持っています。

いつ読んでも名作中の名作ですね!

現在、ウルトラジャンプにて第8部ジョジョリオン連載中!

10月より、第5部黄金の風 のTVアニメが放送中!

ジャンプ黄金期世代の方は是非ご覧ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です