『自分』 の結果ですよ

第1回テスト、返却されましたね。

結果はそれぞれ、ほっとする人もいれば、青ざめる人もいるでしょう。

ですが、まだまだ中間地点。

これから次第で這い上がる人もいれば、転げ落ちる人もいる。

結果を真に受ける必要はありますが、取り組みは変えてはいけませんね。

 

塾全体としての総括は、塾長ブログを是非どうぞ。

意地を張る

徹底した基礎基本を

今日のもりの里での話を一つ。

一人の塾生と、こんな話をしました。

 

「クラス内で、〇〇〇点まであとちょっとやった~、

みたいなこと大声で言ってる人がいたんですよねー。」

 

これを聞いた私。

 

「どうせ、ここのミスなければ〇〇〇点やったのに~!とか言ってるんやろ?」

 

「そーなんですよ!なんで分かるんですか!?」

 

 

 

いや、分かりますよ、そりゃ。

だから「〇〇〇点まで届かなかった」とか大声で言っちゃうんですもん。

これはミスのせいで、自分の実力じゃないんだよ!と認めてもらいたいんですよね。

 

 

だから、あと数点、足りないんですよ。

そのミスは、自分自身の処理能力不足、確認不足で生まれたミスでしょ?

その数点は、自分の知識不足であと1、2問足りなかった数点でしょ?

つまりは、自分のせいなんでしょ?

 

ミスしたことを、さも不慮の出来事のように言う人間に、先はないです。

真摯さ、謙虚さ、ひた向きさ、そのどれもない、ということでしょうから。

 

今回の第1回金沢市統一テスト。

教科にもよると思いますが、平均点は例年より高く出そうな予感がします。

数学のように、めちゃ簡単やった!と明言できる教科まであります。

今回のテストで出てきた結果は、自分自身を見つめ直すいい薬です。

 

公立高校入試まで、あと113日。

ここから後半戦です。

ここから終盤にかけて伸びるか、はたまた伸び悩むか。

全ては、自分自身を正しく認識するところから始まりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です