第7回総合模試 結果の見かた

本日、第7回石川県総合模試の結果が返却されましたね。

そこで、今日は第7回石川県総合模試の結果の見かたついて、お話しします。

 

まず結果を見て、ゲッ!と思った人も多いのではないでしょうか。

「平均点高ッ!!」

「偏差値低ッ!!」

「判定厳しッ!!」

こういった印象をまず受けます。

 

何故こんな数値・判定が出るのか。

それは、『一年間で上位層が最も多く受ける回』になっているからです。

 

まず受験者数。

第6回 約4800人

第7回 約3800人

と、約1000人減少しています。

 

ですが、泉丘高校、二水高校、桜丘高校などの上位校の第一志望者数を見ると、

第6回と第7回ではほとんど変わっておりません。

ここで減った1000人の多くは、

私立専願の人たちです。

附属高校受験や、高専受験の人たちも含まれますかね。

とにかく、残った3800人全体のレベルが高いことは確実に言えます。

 

よって、

平均点 高

偏差値 低

となるわけです。

 

極めつけは、合否判定に関しては

いつもの基準に当てはめているので、

厳しーーーい判定を貰うことになるわけですね。

 

ですが、ここまできたら直前の判定よりも、

自分の意志、そして自信を基に進路希望を出しましょう。

倍率が出て悩むこともあるかもしれませんが、大事なのは自分の意志です。

あまり、『数字』のみに惑わされ過ぎないで下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です