中1・中2 苦手発見テスト

中1・中2の塾生諸君。

突然ですが、数英のテストをします。

その名も、『ニガテ発見テスト』です。

 

3月は学年末ということもあり、英数の予習の必要がありません。

この1カ月間を使って、英数の苦手分野を洗い出し、徹底的に潰します。

そのための、『ニガテ発見テスト』です。

 

私が『ニガテなし!』と判断した人は、即座に自学年の予習です。

少しでもニガテが見つかった人は、大量プリントで対策です。

 

こういったことをやると、十中八九こんな声が上がるでしょう。

 

『え~、めんどくさいっす…』

 

むしろ、その声が聞きたい。

私は、塾生の『めんどくさい』と思う心を、鍛えたいのです。

 

もう現中3も卒塾間近。

次の年度が始まります。

 

私が見る限り、今年の新中3生は『めんどくさがり屋』が半数以上を占めています。

『めんどくさがり屋』は、受験勉強において

功を奏すことも無きにしも非ず、ですが大抵は成長を妨げる性格です。

九十害あって十利あり、ぐらい。

 

ですから、敢えて『自分の手で面倒ごとに臨む』という訓練をします。

そのための3月です。

 

テストの結果に合わせて、

何をするか、指示を出します。

指示されたことは、必ずやること。

正負の計算だろうが、Unit1-1の単語からだろうが、やること。

 

今期受験生の県内トップレベルの子たち。

この子たちは、どんなに力を持っていようと、

初歩の初歩をめんどくさがることをしませんでした。

だからこその、県内トップ。

まずはこの精神を見習ってほしい。

 

暑苦しく、うざったくやらせてもらいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です