【合格手記】金大附属中卒 泉丘高校合格

今日の手記は、金大附属中卒 泉丘高校合格の子の手記です。

この子は夢盟塾歴がとても長いのですが、

終盤にジワジワと伸びてきました。

そうやって泉丘高校合格をもぎ取った彼の軌跡を、どうぞ。

 


『受験は個人戦ではなく、団体戦である』ということを、

今回の高校受験を通して心から実感しています。

 

僕は元々そこまで学力が高いわけではなく、

中学に入ってからは数学と英語が苦手になり、いつも悩まされていました。

石川県総合模試でも、数学と英語が低いことが目立っていました。

しかし、それらのテストの解き直しをしっかりとして、

分からないところは先生や友達に教えてもらうことで、

間違えた部分を理解して進むことが出来ました。

逆に、自分の得意科目である理科を友達に教えることで、

より定着させることができました。

こうやって勉強の日々を過ごすうちに、

総合模試の結果が少しずつ良くなっていき、

万全の状態で入試に臨むことができました。

 

先生からの指導、塾生徒の支えあいが無ければ、途中で挫折していたかもしれません。

それぐらい、たくさんの学びと思いが詰まった中学生生活になりました。

 

しかし、『泉丘高校に合格すること』がゴールではありません。

今から3年後、自分がどんな人間になり、どんな高校生活を送ったのか。

それを振り返った時、「あの時、泉丘高校に合格出来て本当に良かった」と思えるように、

これからも仲間と切磋琢磨しながら、頑張ります!


 

 

ちょっと(かなり?)天然な彼ですが、

やるときの集中力は人一倍。

長い間大量演習した結果がこうやって実って、

私も本当にうれしいです。

 

手記にもあったように、みなさんの闘いはまだまだこれから。

この合格が、「成功の合格」と言えるように、高校生活も励んでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です