頑固おやじの昔ながらのラーメン屋

今日、久しぶりに旭町のラーメン屋『悟空』に行った。

 

相変わらずのご機嫌なから揚げセット。

これに加えて、ランチタイムは麺大盛無料だというのだから、

正真正銘の学生の味方である。

 

この『悟空』というラーメン屋さん。

私が学生時代に旭町に住んでいた頃から、本当に変わっていない。

腰の曲がった頑固なおじいちゃんが作る、

派手さは無いが素朴で味のあるスープと麺。

値段の微妙な変化はあれど、これでもかと言わんばかりの大盛サービス。

ニーズの変化が激しい現代社会において、何一つ変わっていなかった。

「学生のみなさんに、たくさん食べて欲しい!」

そんな思いで、長年に渡って続けられているお店である。

 

私も、そんな『頑固おやじのラーメン屋』になりたい。

…あ、いや、本当にラーメン屋を開くわけではなく。

 

『信念をもって、変わらず在り続ける塾』

そんなものでありたいと、考えるようになってきた。

 

今、もりの里校がある兼六中学校下。

児童・生徒も他地域に比べまだまだ多い。

そのため、塾のニーズも多様になっているといえる。

(共通してある願いは、成績向上であるが。)

それに応えるように、一つの中学校区としては多すぎるほどの塾が、ここにはある。

ピカピカした、大きな塾さんが多く並んでいる。

まるで、流行りの横浜家系ラーメン屋さんだ。

 

そんな中で、『夢盟塾もりの里校』はどうあるべきなのか。

どんなお子さん・親御さんのニーズに応えていくべきだろうか。

そう考えていると、いろんなご家庭のニーズに応えたいという気にもなってくる。

 

しかしながら、そうではないのだ。

すべてのお子さん・親御さんのニーズに応えるのではない。

それは、少なくとも私たちには、できない。

それをやると、教室が壊れてしまうからだ。

 

『夢盟塾もりの里校』を、

『私たち講師陣』を、

好まれる方々のための塾で在ればよい。

たったそれだけで、よい。

 

逆に言えば、だ。

どんな評判や噂、実績を聞いて来たとしても、

『夢盟塾もりの里校』のやり方、

ひいては『私』が気に食わないという方は、

うちに通うのはやめた方がいい。

私も、嫌々うちに通って欲しくない。

うちの『良さ』を壊したくないから。

 

だから、『頑固おやじの昔ながらのラーメン屋』。

長年変わらず在り続け、地域の人に長年愛される塾になろう。

そんなことを思わせてくれる、『悟空』のラーメンでした。

 

…しかし、久々にこれだけのセットを完食したら、カロリーが気になる。

夜はウォーキングだな、こりゃ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です