9/15 立山登山① 『予定変更』

先日の予告通り、週末は立山登山に行ってきました。

現在は無事下界に戻り、もりの里校を開けております。

 

3日間、どのようなドラマ(?)があったか。

9/15~9/17まで、日ごとに分けて記事にしますね。

興味ないわ~という方は、ブラウザバックで。

あ、でも良い写真がいっぱいありますし、良い話もしますよ。

 

 

では、一日目の15日。

もともと、この日に友人と立山登山に行く予定だったんです。

 

ご存知の方も多いかと思いますが、

立山は日本三霊峰の一つであり、(あと二つは白山と富士山です。)

国内の標高3000m級の山の中でも、比較的登りやすい山です。

なぜなら、標高2500mの室堂までは、

ケーブルカーとバスが連れて行ってくれるから、ですね。

 

立山までのローカル線 アルペン号

 

立山駅すぐそばの称名川。透明度が高い!

 

 

朝10時頃に立山駅に到着し、

日帰り登山用の装備でケーブルカー乗り場に行ったんです。

すると、駅員さんから衝撃の言葉が。

 

『今日はもう昼過ぎまで予約でいっぱいなんで、それから

山頂まで行くと帰って来れないですよ。』

 

…マジ?

はい、そうでした。

世は三連休の中日。

天気も最高となれば、気軽に天空の世界を楽しめる立山は、

そりゃもう超人気の観光スポットです。

 

あちゃー、どうしよう?

友人と作戦会議をした結果、

翌日16日に登ることに。

 

しかし、富山県民であり、雄山(立山山頂)にも何度も登っている友人は、

このような提案をしてきました。

 

『折角だし、自分の足で全部登りたくない?』

 

…つまりは。

室堂(約2500m)から雄山(3003m)まで登るのではなく。

立山駅(約700m)から雄山(3003m)まで登ろう、と。

鬼かね、君は。笑

しかしまぁ、10年来の付き合いの彼の提案に対して、私は

 

『己の足で、行こう。』

 

と、即決しました。

これが、後の苦行を生むとは知らずに…

 

 

その後は、魚津市のジムで上半身のトレーニングをし、

温泉に入り、駅前の飲み屋で決起集会をし、

友人宅にて床に就きました。

 

 

二日目に続く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です