9/18 苦労や努力は人生のスパイス

さて、真面目な(?)話。

今回の立山登山で学んだことを。

青臭い話ですが、どうぞ。

 

 

今回立山を登るにあたって、

安全かつ楽にたどり着ける方法を選ばずに、

あえて険しくかつ時間がかかる方法を選びました。

 

勿論ですが大変なことだらけでした。

雨に打たれ、何度も転倒しかけ、

「何でこんなやり方を選んだんだ…」

と後悔しかけた瞬間も、あったかもしれません。

 

それでも。

自分の足で山頂まで辿り着き、

この絶景を見た瞬間。

「自分の足で登ってきてよかった!!」

そう、心から思えたのです。

 

「いや、どんな方法でも、同じ時間に登れば同じ景色見られるじゃん」

「楽に登った方が疲れないし、いいじゃん」

そう言われるでしょう。

いや、全くもってその通りです。

疲れないし、同じ「景色」は、見られます。

 

ですが、同じ「達成感」や「充足感」を得ることはできません。

この「達成感」や「充足感」こそが、

生きがいのある人生にするためには欠かせないのだと、

言葉ではなく、体で感じました。

 

 

 

もっとも効率的な無駄のない方法で。

人よりも少ない時間と労力で。

求めうる、最大の結果を。

それが、理想だというのも、分かります。

 

が。

最初からそればっかり考える人生で、楽しいか?

『結果』を求めて『苦労』や『努力』をするのは、無駄なことか?

 

少なくとも、私はそう思いません。

自分の人生を豊かなものにするのは、

『結果に至った瞬間の感情』です。

『結果そのもの』ではありません。

 

想像してみてください。

 

無駄な努力など一切せずに、必要な勉強だけして、スマートに合格した瞬間。

泥臭く、時間と労力を惜しまずに勉強して、苦労の末に合格を勝ち取った瞬間。

どちらの方が、嬉しさが爆発するでしょうか。

 

無駄な努力など一切せずに、必要な勉強だけして、結果不合格だった瞬間。

泥臭く、時間と労力を惜しまずに勉強したにも関わらず、惜しくも不合格だった瞬間。

どちらの方が、悔しさが込み上げてくるでしょうか。

 

そういった『感情』の一つ一つが、きっと、財産になっていくのではないでしょうか。

その『感情』を味わうために、苦労や努力はあるのではないでしょうか。

 

 

夢盟塾は、大量演習で、附属・泉丘・二水合格を目指す塾。

もっとスマートな方法で合格させてくれる塾は、たくさんあります。

ですが、我々の最終的な願いは、『たくさんやって、よかった!』

そう思ってもらえるところに、あるのかもしれません。

 

『たくさんやって、よかった!』

そんな、現代ではなかなか味わえない、山登りのような感情を味わいたい小中学生のみなさん。

私と一緒に、たくさん苦労しましょう。お待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です