10/2 高い志と地道な努力

ベンチプレス 100kg 10回

 

この響きには、何か特別なものがある。

何かこう、人間としての強さを、そのまま数字にしたような。

とにかく、『強さ』と『華やかさ』を感じる。

 

スポーツセンターでトレーニングをしていると、

これだけのバーベルを上げている人はごろごろいる。

自分は、こんなすごい人たちの足元にも及ばないのではないか…

自分は、フリーウェイトコーナーに足を踏み入れる資格もないんじゃあないか…

そう思ってしまうのも、仕方がない。

 

 

しかし、忘れてはいけない。

この人たちは、ここまで『地道な努力を積み上げてここまできた』のだ。

 

生まれついてムキムキな人なんて、誰一人いない。

何かの拍子に思い立ってトレーニングを始めたときも、

きっと、一般成人男性平均の40~50kgから始まったはずだ。

そこから、

 

60kg 10回

70kg 10回

80kg 10回

85kg 10回

90kg 10回

95kg 10回

97.5kg 10回

100kg 10回

 

と、少しずつ少しずつ積み上げて、100kg10回に辿り着いているのだ。

そのためには、2、3年、いや、もっと長い年月がかかっているかもしれない。

特に、90kgからの伸び悩みの苦悩は、想像に難くない。

そこからさらに、厳しいトレーニングを重ねたに違いない。

 

今の華やかな結果の裏には、確実に、地道な努力があるのだ。

今はまだヘナチョコな私だが、正しい努力を続けていけば、

必ず100kgを上げる日が来る、そう信じて、努力を続けていく。

 

 

 

 

学問の道も、これと全く同じ。

 

附属高校合格!

泉丘高校合格!

二水高校合格!

 

そんな華やかな結果の裏に、地道な努力がないわけが、ない。

みんなそれぞれ、勝ち抜くために必死に努力してきた。

その、努力の結果が『合格』として表れているだけなのである。

 

無論、必ずしも『合格』という結果にならないかもしれない。

受験は『勝負』であり、時の運によっては、負けの目が出ることもある。

しかし、『上位校に合格し得る力』は手にできたはずだ。

それを次につなげていけば、次は、必ず勝てる。

だから、泉丘・二水・附属を本気で目指すことには、大きな意味がある。

 

『高い志』と、『地道な努力』が人を大きくする

最近ベンチプレスが不調で気が滅入っていたが、お陰で大きな気づきを得た。

何のことはない。もう一度一から、積み上げていくのみだ。

 

 

 

あとは…口だけ野郎にならないことだな。

最近、口だけ野郎が増えてきた。

この辺で一度、現状整理して現実を見てもらおうか。

明日、第3回総合模試の結果も帰ってくることだしね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です