11/2 第4回総合模試結果 踏ん張りどころ

さて、先日、第4回総合模試の結果が返却されました。

前回・前々回と比較して、今回は平均点が30点近く高くなり、

難易度としては易しくなりましたね。

丁度良い、といった方がよいでしょうか。

その分、上位層は高偏差値を獲得しづらくなっています。

 

 

それでは、恒例の教室平均偏差値、見ていきましょうか。

 

令和元年度第3回  教室平均偏差値 57・8

令和元年度第4回  教室平均偏差値 57・2

 

ほぼ横ばい、若干ダウンというところ。

まぁ、これまでが順調すぎただけです。

個人的には、偏差値出しにくいけど、よく踏ん張ったな、という印象です。

 

各々の結果の推移は、およそ3パターン。

①前回とほぼ同じ点数だけど、平均点が上がったので偏差値が下がった

②点数は自己ベストだけど、平均点が上がったので偏差値が変わらなかった

③点数が自己ベストで、偏差値もベストだった

 

今回はこの3パターンがほぼ均等な人数でいたので、

教室全体の偏差値はほぼ変わらず、でした。

 

③の中でも、目覚ましい成績アップを収めた人が何人か現れました!

 

 

ま、今回の総合模試は、あくまで統一テストの前哨戦。

来週も、よろしく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です