自分の努力を信じて

第二回統一テストが終了しました。また、各学年実力テストが行われたと思います。

結果についていろいろと思うところはあったと思います。

統一テスト、実力テストはどちらも難易度が変化しやすいものです。なので「この点数だからダメだ・・・」とか「この点数とれたから絶対安心!!」といったことはないんです。

同じ350点でも、平均点300点のテストと280点のテストでは意味合いが違ってきます。

平均点と比べてどうなのか。そこを見ると自分が現在どのくらいの実力を持っているのか、といったことが分かると思います。

 

 

が、あくまでもテストはテスト。本番ではありません。

その結果を受けても油断せず、あきらめず努力することが本当に欲しい結果がついてくるのではないでしょうか。

特に中3生はあと公立受験まであと約2か月。小手先の結果に一喜一憂している場合ではありません。

今まで積み重ねてきた自分の努力を信じて突き進んでいきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です