正しい重さのプレッシャーで、ね。

今日は、中3生と入試前の最後の日曜日。

いつも通り、ガリガリガリガリやってます。

ガリガリくん・ガリガリちゃんです。

ガリガリガリクソンです。

こんな週末を見るのも、正真正銘、今年はこれがラストです。

 

たまには、全体にお話を。

といっても、どんな話をしたか、ここでは書きません。

それぞれのお子さんの胸の中に、閉まってもらいます。

 

それでも聞きたいよ!

という、物欲しそうな、読者の方に、ちょっぴりだけ。

 

 

 

緊張って、無くせますか?

 

私は、無理だと思っています。

というよりは、無くせる緊張と、無くせない緊張があります。

 

本番の会場の空気に圧倒されたときや、想定外の事態が起き動揺したときに起こる緊張。

これは、イメージトレーニングと事前の行動で、極力なくすことができます。

 

 

それに対し。

「ダメだったら…」という、漠然とした不安から来る緊張。

これは、無くすことはできません。

頑張れば頑張るほど、大きくなってしまうものだからです。

いわばこれが、「プレッシャー」です。

 

「プレッシャー」は感じるものですし、また、感じなければ受験生として落第です。

どんな実力者でも、努力をしてきた子ならば、緊張してしまうものなのです。

 

そうは言っても、緊張して緊張して、夜も眠れないよ~!

 

そんな、受験生へ。一つ、アドバイス、というか、正論。

その「プレッシャー」は、「何」を賭けているからくるものでしょうか?

 

あなたたちの「人生」?

いいえ、違います。

合格だろうが不合格だろうが、人生は続きます。

一つの結果で、人生が決まってたまるものですか。

 

ただしくは。

あなたたちの「高校生活」を賭けて、勝負するんですね。

勝ちもすれば、負けもします。

その結果、望んだ高校に行けるかもしれないし、行けないかもしれません。

 

ですが、それだけなのです。

死ぬこともなければ、お先真っ暗でもない。

「高校3年間」分の、正しい重さのプレッシャーを感じながら、試験に臨みましょう。

 

間違っても、「落ちたら人生終わり」なんて思わないこと!

 

では、あと一日。

張り切り過ぎず、いつも通りやりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です