【合格手記】北鳴中学校卒 二水高校合格

本日から数回にわたり、中3生の手記を紹介していきたいと思います。

なかなか気持ちのこもった手記になっていますので、ぜひぜひ見ていってください。

 

本日は、北鳴中学校から金沢二水高校に合格した子の手記です。

 


僕は小学5年生の終わりに夢盟塾に入塾しました。

当時は勉強の習慣があまりついていなかったため、勉強はあまり好きではありませんでした。

しかし、入塾すると毎週塾に通うことで勉強の習慣がつき、点数も上がるようになりました。

 

中学3年生の夏、部活も引退し受験勉強に集中できるようになり、塾での演習量が一気に増えました。

夏季講習では社会・理科の用語をとにかくたくさん覚えたことでその後の模試では安定して高い偏差値をとれるようになりました。

冬になると全国の入試問題に取り組むようになり、難しい問題も増えました。

わからなかった問題を先生に質問すると理解できるまで丁寧に教えてくださりました。

受験本番では今までこれだけの量をこなしてきたから絶対に合格する!という強い気持ちで臨めました。

合格発表で自分の番号を見つけたときには今までにないほどうれしかったです。

 

 

僕がこれまで頑張ってこれたのは毎日のように塾に通い、日々切磋琢磨してきた3年生のみんな、たくさんのことを教えてくださった原谷先生、毎日塾の送り迎えをしてくれた家族と、たくさんの人に支えられ、励まされてきたからです。

感謝の気持ちをもってこれから先も頑張っていきたいです!!

 


この学年は僕がメインで受け持った学年ではないのですが、そんな僕の眼から見てもこの子の頑張りはひしひしと伝わってきました。

言葉でなく、態度で語るタイプですね。

その頑張りをこれからの舞台でも、思う存分発揮していってほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です