第3回石川県総合模試

昨日は第3回石川県総合模試が行われました。

今回も塾内受験。

 

終わった生徒から聞いた言葉が

「難しい・・・」「時間足りない・・・」と。

 

まあそんなもんです。

大事なのはどこが間違えていたのかをしっかりと見直し、同じ問題を二度と間違えないようにすること。

当たり前ですね。

 

ただ、試験の真っ最中は違います。

できなかったと感じたら、

「どうせほかの子もできてないだろう。さあ、次だ!」

と切り替える。

できなかったことをズルズルと引きずると、解ける問題も解けなくなります。

 

 

前回のブログに引き続きですが、ここも「切り替え」が大事。

他の子と出来具合を確認したり、答え合わせをしたりなんてもってのほかです。

そんなことしたってテンション下がるだけです。

模試はそういう「切り替え」の練習でもあるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です