海の広さ

こんにちは。 兼六中学の近くにある、泉丘高校・二水高校・金沢大附属受験専門の夢盟塾もりの里校、教室長の村山です。

今日もアニメ・マンガの名言を1つ紹介します

海を泳いでいる最中には 海の広さはわからんよ

(バガボンドより)

 

本日の名言は「バガボンド」から。

「バガボンド」は吉川栄治の小説「宮本武蔵」を原作に、剣豪宮本武蔵の生涯を描いたマンガです。

武蔵は天下無双を目指し、旅を続ける中、宝蔵院胤栄という人物に出会い、しばらく師事します。

このセリフはその胤栄の言葉です。

自分の周りしか見ていない間は、本質を見抜けない。やみくもに進んでいる間は、本当の強さがわからない。そういった意味が込められているセリフです。

 

 

勉強もそうだと思います。

よく勉強しない言い訳として聞きますね、「これ勉強してなんの意味があるの?」と。

意味なんて分からなくていいのです。そのうち分かるようになります。

学んでいる間は、分からないものです。

習う意味なんて、あとから、それこそ勉強から離れたときに初めて見えてくるんじゃないかな、と思います。

 

広さは考えなくていい。今はただ、がむしゃらに泳ぎましょう。

泳いで、泳いで、一息ついたときに、はっと気づく。それくらいでいいのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です