行動しない限りはゼロのまま

こんにちは。 兼六中学の近くにある、泉丘高校・二水高校・金沢大附属受験専門の夢盟塾もりの里校、教室長の村山です。

今日もアニメ・マンガの名言を1つ紹介します

少なくとも自分が行動しない限り可能性はゼロなんだ

夢をかなえられるのは本人だけだぜ

(SKET DANCEより)

今日は「SKET DANCE」から。

主人公、「ボッスン」こと藤崎祐助は「ヒメコ」、「スイッチ」の3人と学園生活支援部、通称スケット団に所属しています。

そこに舞い込む依頼や3人の日常を描いた学園コメディーです。

バイオリニストを目指す同級生、杉崎は夢のため、留学するかどうか迷っていました。

世界には自分よりすごい人なんてたくさんいるだろうという自信のなさが彼女の決断を鈍らせていました。そんな彼女にボッスンがかけた言葉が上のセリフです。

 

夢とか目標が叶う可能性、というのを誰しも考えると思います。

その可能性というのはもちろん、個人によって変わります。

才能だったり、環境だったり。

ですが、変わらないことが1つだけあります。

やらなければ、確実にゼロだということ。

向かわなければ、歩みださなければ、いつまでたっても変わらないということ。

買わない宝くじはどれだけ願っても当たりません。

目的地があっても、歩き出さないといつまでたっても着きません。

叶う可能性は低いかもしれない。努力が報われないかもしれない。

それでも、歩みださない限りは叶いません。

踏み出しましょう。それで何か変わるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です