目標は高く

こんにちは。 兼六中学の近くにある、泉丘高校・二水高校・金沢大附属受験専門の夢盟塾もりの里校、教室長の村山です。

 

目標は高いほどいい。とにかく上を目指せ。

この時期の中学2年生に常々言っている言葉です。

高い目標を持ち、そこに向かって努力することが大事であると、何度か書いたと思います。

高校受験において最も大切なのが、その努力した過程です。

 

「あんまり努力したくないから、今行けるところでいいや」と思っている人。

あなたは大きな勘違いをしています。

現状維持にも結構な努力が必要です。

プロスポーツ選手がいい例でしょう。

例えば、野球などでも1年を通してパフォーマンスを保つ選手は、とてつもない努力をしています。

勉強も同じです。

点数をキープするためには、かなりの努力が必要になります。

テストごとに勉強する範囲も変わるのですから、当然です。

そもそも、「点数を上げたい!!」と思ってめちゃくちゃ頑張っても、あまり変わらない、前より下がってしまった、ということもしばしばあるのです。

点数を上げるための努力の結果、点数が下がってしまうということもあるのに、点数をキープすればいいやと思って努力している人がキープできるはずもありません。

なんなら言わせてもらえば、高校受験で手を抜く人は、同じような場面が来るたびに手を抜くことになります。

一生に一度の勝負のために努力できないのであれば、おそらく勝負のために努力をすることはなくなるでしょう。

努力できないので妥協する、それを繰り返すことになります。

 

何度も言っていますが、高校受験で1番大切なのは合格することではありません。

合格したい!と強く願って、合格するために一生懸命努力する、その過程が大事なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です