ケアレスミスをなくすには

こんにちは。兼六中学校の近くにある、附属高校、泉丘高校、二水高校受験専門の夢盟塾もりの里校教室長の村山です。

たまに生徒にこういうことを聞かれます。

「ケアレスミスをなくすには、どうしたらいいですか?」と。

ケアレスミスというのは、なかなかなくならない厄介なものです。

私自身、中学時代は悩まされた記憶があります。

ケアレスミスさえなければ100点だったというのも何度かありました。

こんなの実質100点じゃん、と当時は思っていました。

いま思い返せば、この考え方が危険だったのだなと思います。

ケアレスミスが多い子は、今回たまたまミスしただけで、次回は間違えないだろう、と楽観的に考えがちです。

ですが、ミスはミスです。

点数を落としたことに変わりありません。

まずはそういう意識を持つことが大事です。

そうすれば、気を付けて問題を解くようになり、見直しもしっかりするようになり、ミスはある程度減ります。

・・・そうなんです、意識で減らせるのは、ある程度です。

完全になくすには、たくさんの問題を積み重ねるしかありません。

数学の計算ミスであれば、計算ミスしなくなるまで計算問題を繰り返す。

英語のスペルミスであれば、その単語を書きまくる。自然にでてくるようになるまで書き続ける。

理科、社会の用語であれば、何度も何度も問題を解いて完璧に覚える。

ミスがなくなるまで繰り返す。

大量演習は、ケアレスミスをなくすのにも一役買ってくれます。

特に数学に関しては、効果絶大です。

単純にミスも減りますし、計算のスピードも早くなります。

 

ケアレスミスがなかなか直らないと悩んでいる子、ぜひ夢盟塾の大量演習を体験してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です