今回の数学は計算力を磨こう

こんにちは。兼六中学校の近くにある、附属高校、泉丘高校、二水高校受験専門の夢盟塾もりの里校教室長の村山です。

今日は先週に続いて、期末テストにおける数学の話をしようかなと思います。

 

兼六中の期末テスト範囲はおそらく、

1年生 正負の数(+文字式)

2年生 式の計算、連立方程式

3年生 因数分解、平方根

となるでしょう。

中間テストがあった学校はこれよりも若干狭まるか、次の範囲が少し入るかといったところでしょう。

どの学年も非常に大事な単元です。

中学1年生の正負の数は言わずもがな、これからの数学すべての基礎になる単元です。

ここがボロボロでは、数学すべてがボロボロになりかねません。

中学2年生の連立方程式、中学校の数学で1、2を争う難しい単元です。

入試にも必ず出題されます。

今のうちにできるようにしておかないと、しんどい思いをします。

中学3年生の因数分解、平方根は理解していないと、次の単元二次方程式、二次関数において全く歯が立たなくなります。

 

では、具体的にはどうすればいいのか。

今回の範囲に限って言えば、計算トレーニングが有効だと思います。

どの学年の単元も計算が中心です。

計算問題を全く間違えなければ、おそらく平均点は超えるでしょう。

なので、ひたすら計算問題をしましょう。

数学が苦手だと思う子はなおさらです。

一通り間違えなくなるまで繰り返しましょう。

普段の学習で間違えるようでは、本番でも必ず間違いが出ます。

練習で完璧にこなせるようになって、初めて本番で間違えないようになるのです。

更に、こういう計算問題は繰り返すほどスピードも上がっていきます。

その結果、見直しやほかの問題に書ける時間が増え、やはり点数UPにつながります。

今回のテストは計算の速さと正確性、この2つを徹底的に磨いてください。

 

高得点を取るにはさらに文章題の特訓が必要です。

文章題に関しては、とにかくいろんな問題をやるのがいいと思います。

2年生、3年生はこれに加えて証明問題の対策も必要でしょう。

 

毎回宣伝につながりますが、夢盟塾のテスト特訓ではそういった文章題、証明問題の対策もします。

数学、理科、社会で高得点を取りたければ、ぜひテスト特訓に参加してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です