第1回石川県総合模試

こんにちは。兼六中学校の近くにある、附属高校、泉丘高校、二水高校受験専門の夢盟塾もりの里校教室長の村山です。

 

先日、石川県総合模試が行われました。

多くの中学生が「今まで受けたテストの中で1番難しい!」と思ったのではないでしょうか。

結果が返ってくるのは来週末あたりになるかと。

予想外に悪い判定を食らって、落ちこむ人もたくさん出るでしょう。

 

 

ですが、判定を気にするのは、12月以降の模試からでいいと思います。

ましてや今回は第1回。

まだ7月です。

この時期から判定に一喜一憂してたら、受験まで持たないです。

判定はそこまで気にしなくていいです。

 

 

 

気にすべきは、偏差値。

今、自分がどの位置にいるのか。

志望校合格ラインまで上げるのにはあとどれくらい上げればいいのか。

これをしっかりと自覚するのが重要です。

 

 

後はできなかった問題、間違えた問題の見直し。

これに関してはいつものテストと同じです。

きちんと見直しておきましょう。

 

 

まとめると・・・

1、判定はそこまで気にするな!

2、偏差値は要チェック!

3、当然、見直し!

 

といった感じですね。

結果が返ってきたら、この3つ、意識してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です