名言集「メジャー」より

こんにちは。兼六中学校の近くにある、附属高校、泉丘高校、二水高校受験専門の夢盟塾もりの里校教室長の村山です。

 

夏期講習、今週いっぱいまで受け付けております。

僅かですが空きがありますので、気になっている方はお早めにお問い合わせお願いいたします。

 

現在、夏期講習準備期間です。塾生と参加者には学校の宿題をやってもらっています。

これからお問い合わせさせる方も、夏期講習前に終わらせるようお願いします。

 

なぜかというと、塾の課題がとてもたくさんあるので、学校の宿題をやっている時間があまり取れないからです。

ですので、宿題は終わらせておいてくださいね。

 

 

せっかくですので、宿題にちなんで、最近グッと来たマンガの名言を紹介します。

 

他人にやらされてた練習は努力とは言わねえだろ。

好きな野球(コト)して将来飯食ってこうなんて図々しい特権、与えられた宿題(コト)こなした程度で手に入るわけねえじゃん。

(「メジャー」より)

 

「メジャー」から主人公、茂野吾郎の言葉です。

このマンガからは以前も別の名言を紹介したと思います。

名言だらけです、「メジャー」。

 

どんなことでもそうですね。

人に勝とうと思ったら、同じ程度の努力をしているようでは絶対勝てません。

みんなやってる宿題だけこなしても成績は上がりません。

1歩抜け出すには、人より1歩進んだ努力を。

上位校に合格したいのなら、それに見合った努力を。

 

吾郎は才能もさることながら、異常なほどの努力を積み重ねてきています。

プロ野球選手という一握りの人間になるために、努力を惜しみません。

 

上位校へ合格する、ということも似たようなことです。

おおよそ10000人いる県内の中学生で、附属、泉丘、二水に合格できるのは約920人(去年の定員から)。

割合で言うと10%に満たないです。

つまり、上位校に合格するには、10人に1人の人間にならないといけないのです。

それくらいの努力が必要なのです。

 

私は、10人に1人になることを応援します。

上位校合格のために、正常ではなく、異常な努力をしたい。

そういう思いを持ったら、ぜひお問い合わせください。

世間で「異常」と思われる努力を「当たり前」にやる環境を用意して、お待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です