ケアレスミスをなくそう①

こんにちは。兼六中学校の近くにある、附属高校、泉丘高校、二水高校受験専門の夢盟塾もりの里校教室長の村山です。

 

冬期講習ももう終盤戦。

今週末には模試もあるので、中3生と中2以下の希望者には仕上げのテストを受けてもらっています。

丸付けも順次行っています。

冬期講習後には、全校舎交えたランキング表を貼る予定です。

 

さて、テストとは切っても切れない関係にあるのが、ケアレスミス。

今回のテストで丸付けしていてもやはり気になります。

計算ミスだったり、勘違いで書いていたり。

気を付けているつもりでも、出てくるときは出てきてしまうものです。

 

今日はそのケアレスミスについて。

これを減らす方法を、今日、明日に分けて書いていきます。

今日は、事前準備編ということで、テスト前にできる私なりの対策を紹介します。

 

 

まず、計算ミス。

これに関しては、ケアレスミスと言うのがそもそも間違いな気がします。

厳しいことを言えば、計算力が不足していたから起こることです。

特に、数学の計算問題で点数をポコポコ落としている場合は要注意です。

明らかに計算力が不足しています。

石川県公立入試や総合模試で言えば、数学大問1の得点率が低い人は危ないですよ。

徹底的に計算問題を行うことをおススメします。

具体的な方法を上げると、500問くらい計算問題が載っているテキストがあるとすれば、それをノーミスでやり切れるまで繰り返すのが良いと思います。

1問でも間違えたら、やり直しです。

計算ミスはそれくらいまでしないとなかなかなおりません。

 

次に、用語の漢字ミス。

これもよくあるミスです。

漢字ミスを見つけたら、まず確認しておきたいことが。

それは間違えて覚えていないかということ。

覚える段階ですでに間違えていた、ということは度々あります。

テストの前に気づけたのがラッキーだと思って、改めて覚えなおしましょう。

そこでただの漢字ミスと思ってスルーすると、痛い目見ます。

 

後は、正確に覚えるクセをつけましょう。

言葉の字面だけ見て覚えると、間違えて覚えるケースが多いです。

北里紫三郎と覚えていたり、ユーフテラス川と覚えていたり。

・・・どう間違っているか気づけなかった場合は要注意ですよ。

 

 

テストの前の事前準備としては、こんなところですね。

明日は、テスト中の心構えについて書きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です