寝るのは大事

こんにちは。兼六中学校の近くにある、附属高校、泉丘高校、二水高校受験専門の夢盟塾もりの里校教室長の村山です。

 

公立受験まであと2か月を切りました。

ここまでくると、焦りから睡眠時間を削って勉強する子が出てきます。

 

ですが、睡眠時間を削るのはNGです。

睡眠は、脳の疲れを取る、記憶の整理をするためにあると考えられています。

睡眠をしっかりとらないと、脳の疲れが取れません。

脳が疲れていると、勉強の効率が下がります。

 

徹夜で勉強、というのは受験生にとっては美徳のように聞こえるかもしれません。

が、ほとんど意味がないです。

おそらく残るのは、眠くても頑張った、という満足感だけなのではないでしょうか。

 

受験生(15歳前後)の最適な睡眠時間は約8時間。少なくとも6時間は寝なければいけません。

それ以下だと、作業効率が低下するという研究結果も出ているそう。

なので、きちんと睡眠をとることは、勉強するのと同じくらい大事です。

 

遅くとも、日をまたぐ前には寝るようにしましょう。

日中にウトウトしてしまうのは、睡眠時間が足りていない証拠です。

しっかり寝ること、これが受験の結果を左右することになるかもしれませんよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です