テスト前の確認方法 ~答えは5秒以内に思いつけ!~

こんにちは。兼六中学校の近くにある、附属高校、泉丘高校、二水高校受験専門の夢盟塾もりの里校教室長の村山です。

 

おかげさまで、お問い合わせたくさんいただいております。

いよいよ満席が近い学年もありますので、ご検討中の方はお早めに!

 

兼六中の1年生、2年生は学年末テストまで、あと少しです。

他の学校もテスト間近のところが多いはず。

テスト勉強も仕上げに入っているはずです。

 

覚えているかどうかの確認として、問題を見た瞬間に解き方、答えを思い浮かべられるか、という目安があります。

以前もブログで書いたような気がします。

この方法、理科、社会の用語確認だけでなく、記述問題や数学にも使えます。

特に多くの学校で範囲に入る、図形の証明。

正直、解きなおすのは面倒くさく、時間もかかります。

ですので、ワークなどの2周目の際は、問題を見て、証明の道筋を建てられるか、ということを確認しましょう。

建てられれば、その問題はオッケーです。

建てられなければ、答えを見て確認したうえで、自分で書いてみましょう。

他の問題についても同様です。

解き方がすぐ思いつけば、それでよし。

思いつかなければ、もう一度確認。

 

思いつくまでの時間の目安としては、大体5秒。

記述や数学の問題なども、遅くとも10秒以内に思いつくくらいにはしておきましょう。

それくらいまで覚えれば、そうそう忘れません。

逆に、そのレベルまで達していないと、テスト本番でド忘れしれしまうことも。

入試にしろ、期末テストにしろ、テストというものは緊張するものです。

程度の違いはありますが、勉強してきて臨む以上、緊張はします。

緊張からド忘れしてしまう、ということは私もよくありました。

ですが、一瞬で答えが思い浮かぶくらいまで仕上げると、反射的に答えが出てくるようになります。

忘れてしまった、ということが格段に減ります。

 

 

暗記系や数学は、問題を見て5秒以内に答え、解き方が思いつくまで仕上げましょう。

5秒以内に思いつかなければやり直しです。

これくらいまで、徹底的にやりましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です