合格手記 ~金大附属高校合格~

こんにちは。兼六中学校の近くにある、附属高校、泉丘高校、二水高校受験専門の夢盟塾もりの里校教室長の村山です。

 

 

今日は、金大附属高校に合格した子の手記を紹介します。

前回の手記もそうですが、合格手記は生徒の書いてくれた原文をほぼそのまま打ち込んでいます。

それでは、どうぞ!


 

僕は、小学校6年生の3学期から夢盟塾に入塾しました。しかし、中学3年生までは最低限度の勉強しかせず、正直努力しているとは言いにくいものでした。

中学3年生からは、中1、中2以上に勉強に取り組んでいたと思いますが、周りの塾生よりも真面目に取り組めていなかったと思います。

そのまま夏休みに入ってしまい、「このままでは志望校を受ける資格すらない」と思い、そこからは必死に勉強しました。

 

そんななか、Zoomを使って自宅でも集中して勉強に取り組めたことは本当に役に立ちました。

また、先生方の的確なアドバイスや大量演習のおかげで確実に実力をつけることができました。

本当に夢盟塾に入ってよかったと思っています。高校生になったら、自ら高い目標をもって、それに向かってさらに努力していきたいと思っています。

 


この子は数学、理科が大好きな子です。特に理科は安定して高得点を取っていました。

理科に対して絶対的な自信を持っている子でした。

私は、これが1番大きな合格の要因だと思っています。

附属高校だけでなく、上位校に合格するための第一歩は得意科目を作ることです。それこそ、誰にも負けないと自信を持てるくらいまで得意にしてください。

その自信がいい意味で余裕を生み、ほかの科目の点数アップにもつながります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です