朝活のススメ

こんにちは。兼六中学校の近くにある、附属高校、泉丘高校、二水高校受験専門の夢盟塾もりの里校教室長の村山です。

 

本日は日曜日ですが、受験が近いので開校しています。

日曜開校日は、いつもと時間をずらして午前中から開けています。

あまり遅くまで勉強して、クタクタで週明けを迎えるのもよくないですからね。

 

 

日曜日に限らず、朝活、とりわけ朝に勉強するのはいいことです。

睡眠によって脳の疲れがリセットされ、最も活性化する時間帯ですので、集中力が増し、思考力も上がります。

夜まで粘っても解けなかった問題が、朝起きて解いてみるとあっさり解けたということも多々あります。

朝勉強がいいことは周知の事実だと思うので、私から語るまでもないでしょう。

 

 

 

私が考える朝勉強のメリットとして、「非日常感」を演出してくれることも挙げられます。

まだ薄暗い中、目を覚まして、トーストやおにぎり片手に机に向かう。

少し特別な感じがしないですか?

この非日常感というのも、集中力を高める鍵になっていると私は思います。

 

 

 

人間は、刺激がないと物事に飽きてしまいます。

同じことを延々とやっていると、しんどいですよね?

ましてや、小中学生ならなおさらです。

 

飽きというのは、集中力、能率の低下につながります。

そこで「非日常」という刺激があると、いつもとやっていることは同じながら、飽きが解消され、集中力が増すのだと思います。

長期講習で成績が上がりやすいのも、1つの原因としてこの「非日常感」を味わえるからだと思います。

人は、刺激が欲しいものなのです。

早起きして勉強するのは、ちょうどいい刺激になると思います。

 

 

 

 

朝活、まずは休みの日から始めていきましょう。

もちろん、受験生も。

生活リズムを整えるうえでも、朝勉強はいいと思いますよ。

公立受験までのこり9日となった今でも、始める価値は十分にあると思います。

 

ただ、睡眠不足にならないようにはしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です