兼六中テストでの目標順位

こんにちは。兼六中学校の近くにある、附属高校、泉丘高校、二水高校受験専門の夢盟塾もりの里校教室長の村山です。

 

今日は、昨日書いた続きです。

兼六中の定期テスト、実力テストで何点取ればいいかということについて。

ここでは、泉丘高校、二水高校の目標点数を書いていきます。

 

まず、1つ目安にしてほしいのが、上位10%というライン。

今回の入試では、350点前後です。

この点数が、今回の泉丘合格安定ラインです。

兼六中学校は人数が多いので、県内平均と比べて大きな差はでないと考えています。

確実ではないですが。

ここは次回の中3生実力テストとも見比べてみます。

 

兼六中平均点≒石川県内平均点と仮定すると、兼六中学校の現中3生は250人前後ですので、上位25番目までが10%のラインとなります。

 

二水だと、安定ラインは325点ほど。大体上位20%ほどがこのラインになります。

ですので、上位50番目までが二水のラインになってきます。

 

桜丘はこの20点下・・・と書きたいのですが、昨今の倍率の高さを見る限り、それでは通用しなくなってきています。

安定して合格したいのであれば、二水合格レベルの学力を身に付ける必要があるでしょう。

 

附属高校に関しては、内申点なども絡んでくるので一概には言えませんが、おおよそ泉丘と同じと考えていいです。

 

まとめると、以下のようになります。

 

■泉丘、附属

上位25番以内

 

■二水、桜丘

上位50番以内

 

あくまでも、私個人の分析によるものです。

合格を保証するものではありません。

ましてや、まだ4月下旬です。

順位はここからどれだけでも伸ばせますし、逆に油断しているとあっという間に転がり落ちます。

私が書いたラインはあくまで目安、目標として考えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です