9/13 兼六中3年 上位層はボチボチ?

昨日に続いて、兼六中の実力テスト結果の分析を。

今日は3年生です。

 

まずは、平均点を。

 

国語 46・0

社会 42.7

数学 52.2

理科 52.2

英語 51.8

合計 245.5

 

かなり、入試に近い難易度に設定されましたね。

第2回総合模試とほぼ同じ平均点です。

総合模試の受験者層と一公立中学校では、受験者全体のレベルに差があるやもですが、

ここはほぼ同レベルの難しさだった、といえるでしょう。

 

では次に、合計点のヒストグラム。

平均点は、45~49点の階級。

平均プラス100点は、70~74点の階級以上。

この目標を達成している人数は、48人。

上位50人ほどが、二水合格ライン・泉丘ボーダーライン以上にいる、と考えられます。

泉丘合格ラインだと、さらに一つ上の階級からなので、40人弱ですかね。

これが上位校を目指す人の指標になります。

 

気になった教科は、国語。

国語は、みんな取れる問題・取れない問題が似通うので、

平均点を中心とした富士山型のグラフになりやすいです。

ですが、今回の国語のテストは、富士山型にはなっておらず、

得意な人と苦手な人の差が大きくなっています。

 

今後も、国語で大きな差がつくことが予想されますので、

習慣的に読解に取り組み、安定して70点が取れるよう、

経験を積んでいく必要がありますね。

 

以上、兼六中3年実力テストの分析でした。

9/10 『時間ノルマ』と『量ノルマ』

今日は、家庭学習について。 家庭学習のみならずですが、習慣的な勉強量を計るのに、 『時間』と『量』の二つの計り… 9/10 『時間ノルマ』と『量ノルマ』 の続きを読む

9/6 第2回総合模試 良い感じ?

昨日の予告通り、本日は第2回総合模試の話で。   第1回の結果については、以下の記事で。 第1回総合… 9/6 第2回総合模試 良い感じ? の続きを読む

手加減なし

深夜の更新。

 

 

有り難いことに、昼間はブログを書く暇すらありません。

 

国語の添削、小テストの嵐。

カウントの結果、一日で少なくとも180件以上の添削、小テストを行ってます。

一日が終われば、私もヘトヘトです。

 

そんな中行われている小テストですが、

一切の手加減はありません。

 

特に、受験生。

理科社会の一問一答でも、漢字のミス一つで、やり直し、再テストです。

同じ範囲を3回4回とやり直している子もいます。

ちょっと辛い思いをする生徒もいるでしょう。

 

では、なぜここまでするのか。

それは勿論、入試で泣かないためです。

本番で、絶対にミスしない人間になるためです。

練習で自分のミスに寛容な人間が、本番でミスしない人間になれるか?

否。断じて、否。

 

ここで辛い思いをして、本番で笑ってくれるならば。

私は、鬼になります。

 

そんなわけで

手加減なし。

容赦なし。

大人気なし。

です。

 

明日も、よろしく。

夏期講習2019 開始!

昨日より、夏期講習が開始となりました!

 

今年の夏は、『国語』と『大量演習』。

昨年好評だった『小テスト祭り』に、

『国語スタート』を組み合わせた

『夢盟塾史上最高の夏期講習』となっております。(そのはず)

 

『小テスト祭り』も二日目に入り加速してきました。

夕方段階で、すでに100回以上の小テストを行っております。

 

サポートの北村先生による小テスト。

めっちゃ厳しいですが、その分力になります。

 

これを、あと20日。

濃い夏になりますね、これは。

第1回石川県総合模試 総評

昨日、第1回総合模試の結果が返ってきました。 何でもまぁ、本部校からは今年も県内1位が出たとか。 すげぇなぁ。… 第1回石川県総合模試 総評 の続きを読む